モデム?ルーター?一体何なの?

そもそも、モデムについて知っていますか?

よくインターネットをしていると、その単語が頻繁にできていますよね。

まずは、モデムについて把握しましょう。

モデムとは、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機械のこと。

パソコンのデータは当然のことながら、デジタル信号となっています。

しかし、ADSLなどのアナログ回線からインターネットに接続するためには、このモデムを利用して、信号をデジタル信号へと変更する必要性があるのです。

今主流の光回線では、このモデムという装置はいりません。

モデムの代わりに、「光回線終端装置」というものを使うんです。

これは、電気信号を光信号に変える機器で、使い方は「モデム」と似ています。

じゃあルーターってどんなものなの?

ポケットWi-Fiは小型のルーターを持ち、どこでもインターネットにつなげることができます。

ルーターとは簡単に言うと、PCやスマートフォン、あるいはタブレットなどをインターネットに繋げるための機械になります。

インターネットの世界には、複数のデータの流れがあります。

そのデータの流れを整理して、ネットの接続が円滑に進むように整備するのが、ルーターの仕組みです。

インターネットに接続するための装置が「ルーター」

アナログ信号をデジタル信号に切り替えるのが「モデム」

全く違うものなんですね。

ポケットWi-Fiにモデムは必要ありません

固定回線の場合、自宅の外の電線から、インターネット回線を引き入れます。

そして、それをモデムにつなぎ、そこからケーブルでルーターにつなぎ、インターネットにつなぎます。

しかし、ポケットWi-Fiの場合、モデムは必要ありません。

なぜなら、ポケットWi-Fiは、インターネットの通信電波をルーターを利用してキャッチし、その電波をスマホやタブレットに飛ばし、インターネットに接続するという手段だからです。

モデムにつなぐ必要がないんですね。

よって、対応エリア内であれば、どこでもインターネットにつなぐことが出来るというわけです。



TOP PAGE