メリット

ポケットWi-Fiには次のようなメリットがあります。

持ち運びができるため、外出先で重宝する

これはポケットWi-Fiの目的の一つに外出先でインターネットを使うことがあるからです。

そしてスマホとLTEが発達した現在でも、携帯電話回線には限りがあります。このため、外出時にヘビーにネットを使うことのためにはポケットWi-Fiの方が適しています。

光回線よりも月額料金が安いものが多い

具体的に言うと、光回線はプロバイダ料込で月額5,000円〜6,000円程度であるのに対して、ポケットWi-Fiなら月額通信制限なしのプランでも4,000円程度で利用できます。ですからポケットWi-Fiを自宅用として利用する人も多いです。

スマホと比べてもコスパが良い

最近各キャリアは月額20GBの大容量プランを打ち出してきましたが、いずれも月額料金はそのデータ通信だけで月額6,000円(通話定額や基本料は別途)もかかります。これに対してWi-Fiは先にもご紹介したように4,000円程度ですから、明らかに割安です。

回線工事が不要で接続も簡単にできる

回線工事が不要なのは、ポケットWi-Fiが無線のインターネットだからです。

また設定も、スマホやパソコン等でアクセスキーを入力するだけですから、慣れている人ならば1分かからずネットに接続できます。

ですからポケットWi-Fiを使う人の中には仕事の都合などで短期間での転居が多い人も多いです。

デメリット

でも、ポケットWi-Fiには次のようなデメリットもあります。

固定回線と比べて回線が不安定

これはポケットWi-Fiは無線のインターネットなので電波環境によって通信の品質が左右されるからです。特に厚い壁に覆われた室内やビルに電波を遮られた場所では、ネット接続がほとんどできなくなってしまうおそれもあります。

原則として通信量に制限がある

この制限には、月間で7GB利用によるものと、3日間3GB利用によるものがあります。

この制限は通信品質を保つためにやむを得ない制限です。でも自宅でガシガシネットを使うには向いていないことは認めざるを得ません。

持ち歩く必要がある

ポケットWi-Fiが電波を受信して、それをパソコンやスマホに接続する道具だからです。

充電が切れると使えなくなる

これはポケットWi-Fiが電子機器だからです。



TOP PAGE